LINE(ライン)で好きな男性とやりとりする時に気をつける事3つ!

LINE(ライン)で好きな人と連絡をしていたら、ある日突然連絡がとれなくなった…
最初は楽しくLINEで会話していたのに返事が中々こなくなった…
既読がついているのに返事がこなくてそのままに…
そもそも既読さえつかない…

 

そんな方はいらっしゃいませんか?

 

「自分の何が悪かったんだろう?」とぐるぐる悩んでしまうけれど、ウザいと思われたくなくて電話も出来ないと言う方も少なくないと思います。

 

今回は、そんな事態にならない為に、LINEで好きな男性とやりとりする際に気をつけたいポイントを3つ御紹介したいと思います。

 

押しつけがましくしない

LINEで男性がドン引きしてしまう女性の行動の一つに、押しつけがましい態度があります。
やたらと「?」を多用して、用事も無いのに「今忙しい?」「今なにしてるの?」等と質問攻めにする態度もこれに含まれます。

 

特に相手の反応によっては、急に女性が攻撃的になったり、ちょっとした言葉に激しく落ち込んだり、そういう気持ちを押しつけるのもよくないです。

 

相手がどんな状況でどんな気持ちでLINEをしているかは相手にしか分からない、と言う事を踏まえた上で、感情や気持ちの押しつけはやめましょう。

 

 

スタンプを沢山使う

スタンプは感情を表現するのに便利ですが、深夜にやたらとスタンプを連打したり、テンションが上がるとおススメのスタンプをやたらと勧めたりと、スタンプの使い方を勘違いしたり間違えてしまっている女性が多くいます。

 

特に男性の中にはスタンプが苦手な男性も少なくありません。「何が言いたいのかわからない…」というスタンプの使い方は相手を困惑させるだけ。

 

メールのデコレーションが苦手な男性や絵文字が苦手な男性がいるように、スタンプが苦手な男性もいるという事を念頭においておきましょう。

 

 

既読スル―されても一喜一憂しない

LINEをやっていて一番気になるのが「既読スル―」ではないでしょうか。
しかし、既読が付いているからと言って相手が変身できる状態にあるかどうかはこちらからは見えません。
むやみやたらに既読スル―に一喜一憂しないようにしましょう。

 

 

まとめ

LINEは会話と通話で成り立っている物で、「実際の相手の状況や顔は見えない」という事をちゃんと忘れずに、常に思いやりを持って相手に接するようにしましょう。自己主張する事も大切ですが、時には相手のペースに合わせる事も大切です。

願望を叶える占いがあるって知ってた?

 

無料占い