容姿コンプレックスを克服し、素敵な自分になる方法

顔がもっときれいだったら、スタイルがもっと良ければ……、誰でも何かしら容姿に対するコンプレックスを抱えているものです。

 

その思いは、若ければ若いほど強く、中にはコンプレックスのせいで、病的症状が表れてしまう人も。

 

ここでは、そんな容姿のコンプレックスを抱える人が、どうすれば、そのコンプレックスを乗り越えられるのか、を提案していきたいと思います。

 

 

広い視野で、物事を見てみるべし

例えば、男性にモテる容姿の美しい女性がいたとします。
あなたも、彼女のように美しくなりたい、と考えるでしょう。
でも、彼女を愛する男性は皆、彼女の容姿に強く惹かれているわけで、つまりは、表面的にしか物事を見られない人です。

 

そういう人が、本当に女性を幸せにできると思いますか?
そういう人と一緒にいて、女性は本当に幸せだと言えるのでしょうか。
もし、彼女の他にもっと美しい人が現れたら、容姿重視の男性は、結局そちらを選ぶでしょう。

 

若い内は、価値観が見た目に偏りがちなので、外見の美しい人に惹かれるのは不自然なことではありませんが、それは所詮、未熟な若者ゆえの特徴。

 

年をとれば、話は変わります。

 

 

価値観は、必ず変遷するという事実を知るべし

若い時の価値観は、容姿に偏りがちだと述べましたが、そのように、容姿重視で相手を選んだ結果、結局うまくいかなかった、という経験を、ほとんどの人がします。

 

そして、「人は外見じゃない、もっと別の魅力にも目を向けるべきだ」、と学習するのです。

 

就職して仕事が忙しくなると、男性は、容姿が美しいだけで、他に魅力がない女性よりも、料理が上手だったり、優しかったり、と、仕事で疲れた自分を癒してくれるような相手を求めるようになります。

 

そのときになって、「料理なんてしたことない、この容姿があれば男は自然と寄ってくる」、は、もう通用しないのです。

 

 

人生の勝ち負けは、容姿では決まらないと気付くべし

そもそも、個々の人生を他人と比較するのは、好ましいことではありませんが、敢えて勝ち負けを決めるとしたら、勝因になるのは容姿ではありません。
考えてみて下さい、美しい人は、必ず皆、幸せでしょうか。

 

美人でも浮気されますし、美人でも離婚します。
美人だからと言って、幸せな人生が約束されているわけではなく、人生どうなるかわからないのは、皆同じです。

 

コンプレックスを抱えている人は、ややもすれば、「容姿の優れた人ばかり良い思いをしている」、と思いがちですが、別にそんなわけではありません。

 

 

まとめ

人間はないものねだりの生き物ですから、「もっとこうであれば、ああであれば……」と飽くなき追求をしてしまいがち。
しかし、その改善したい部分が改善したとして、全てがうまくいくという保証はどこにもありません。

 

改善したらしたで、また別の改善したい個所が見つかります。

 

そうして、一生満たされない気持ちのまま生きるのも、ないものではなく、あるものに目を向け、その部分を活かして生きていくのも、人生です。
コンプレックスに振り回されず、自分らしい人生を、心美しく生きていくことこそ、美人への第一歩だと心得ましょう。

願望を叶える占いがあるって知ってた?

 

無料占い